札幌で薄毛治療・AGA治療するのにオススメできる人気のAGAクリニックを以下にランキング形式で掲載しています。 札幌での薄毛治療の前の参考にしてみてください。

薄毛だった医師も実感したAGA治療。

25才から髪が薄くなり始めた医師も自ら発毛効果を実感したという発毛プログラムを採用。

全室個室・完全予約制などプライバシーは厳守。人目を気にすることなくAGA治療に専念することができます。

カウンセリングでは専門カウンセラーによって髪の悩みを聞いてもらえ、頭皮チェックにより頭皮や毛根の状態を詳しく見てもらえます。

 

 


発毛実感率98%の薄毛治療総合クリニック。

AGAルネッサンスクリニックはテレビCMでもおなじみの湘南美容外科がプロデュースした薄毛治療総合クリニック。

治療メニュー全28種類の中から、あなたに最適なAGA・薄毛治療を見つけることができます。

テレビでも紹介された次世代薄毛治療「スマートメソHR」、生え際にベストな結果を求める「ARTAS植毛」、スタンダードなAGA治療「プロペシア」などに対応可能。

 

 


男性だけでなく女性の薄毛治療にも対応。

独自の治療・アプローチによって、1人ひとりに合う最も適している治療プランを受けることができます。

内服薬・外用薬を用いた継続的な治療方法はもちろんのこと、グロースファクター再生療法や最新鋭の植毛ARTAS(アルタス)を受けることもできます。

2008年に毛髪再生外来ができてからというもの、高品質な毛髪治療が聖心ならなんでも受けられるをテーマに再生医療を主に様々な治療メニューに対応。

 

 




札幌のAGAクリニック選び




札幌には多くのAGAクリニックが存在し、そのほとんどが札幌市内にあるため、通院の際の利便性にも優れた医院が多いと言えます。

そのなかでもAGAスキンクリニック札幌院は人気の高い薄毛治療専門医院であり、通院する人も多いクリニックとなっています。AGAスキンクリニック札幌院が人気のある理由は個人個人に合わせた治療、また効果の期待できるオリジナルの薄毛治療薬を使用している点にあり、それは発毛治療での薄毛改善実績が99.4パーセントという高い数値を誇っているところからも、医院の人気と実力が窺える部分となっています。

またAGAスキンクリニック札幌院には実際に自らも薄毛に悩まされた医師が在籍し、その医師の薄毛改善経験から作られたオリジナルの治療薬は前記のとおりほぼ100パーセントの薄毛改善を実現しており、その治療薬も安全性が十分に考慮されたものであるため、特定の薄毛治療薬に見られる副作用を気にすることなく安心して治療に専念することが可能になっています。

そしてプロペシアなどの基本的な治療薬を使用した場合も、初回費用4200円からと比較的安価で治療を受けることができるので、継続的な治療にも負担が少なく済むのが利点としてあります。

そして湘南美容外科クリニック札幌院も、薄毛治療に信頼のおける医院となっています。湘南美容外科クリニック札幌院もAGAスキンクリニック札幌院と同様、プロペシアの初回分が4200円と非常に安く、金銭面において不安な人も安心して治療を進めることができます。また、医師による無料カウンセリングや診察も無料であるため、支出を抑えて治療を開始することが可能となっています。

湘南美容外科クリニック札幌院には内服薬や外用薬といった薄毛治療薬による治療のみでなく、薄毛部分にレーザーや超音波を用い、発毛を促す施術や、AGAによる男性ホルモンの影響を永久的に受けることなく効果を継続することのできる自毛植毛など、薄毛改善のための選択肢が多く用意されているため、自身に合った治療法を選び、育毛を開始することができます。

>>育毛剤についてはコチラを参照ください。

頭頂部・前髪が後退など




男性でよく頭頂部の髪の毛が抜けてしまったり、前髪が後退してくるような症状があれば男性型脱毛症です。これはAGAとも呼ばれ若い成人男性でも髪の毛が薄くなってしまうという症状です。

髪の毛は生まれつき本数は大体決まっています。その数だけ毛根があって、そこから髪の毛は生えてきますこれを成長期といいます。髪の毛は伸び続けていきますがやがてその成長は衰えてくるのです。成長が衰えてくると完全に成長が止まってしまう休止期を迎えます。休止期を迎えたからといってすぐに髪の毛は抜けるわけではありません。次の髪の毛が生えてくることで抜けかわるのです。

これをヘアサイクルといい通常であれば3年から6年かかると言われています。 AGA男性型脱毛症の場合はこのヘアサイクルが短くなってしまい、髪の毛が成長する期間が短く早く抜けてしまうということになります。

髪の毛のまだ多いときは抜け毛が気になってもすぐに髪の毛が薄くなってくることはなく気づくのが遅れることにもなります。シャンプーなどをしている時に手に髪の毛が多くついているというような場合や排水口に髪の毛が多く溜まっているような場合は要注意です。

抜け毛が多くなってくると今度はみるみるうちに薄毛になってきてしまい気づいたときには頭皮の地肌が見えているということもあります。そのようなことにならないよう、AGAは早く治療を行が大切なのです。

AGAの原因としては男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい頭皮にある皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されます。また油物を中心とした食事なども影響します。そうなると毛穴を塞いでしまい結果的にヘアサイクルを乱してしまうのです。

早く治療を行う場合はどこがよいかクリニックもよく比較をしてみることです。札幌でもいくつかクリニックがあり、実績や人気などを比較してみて決めてみるといいです。 AGAは根気よく治療を行うことが大切です。途中でやめずに治療を続けることです。

AGAにより薄毛になった時に大事なのが早期治療を行うことです。




早めに対策を始めた方が短期間で改善できる可能性がありますので、迅速な対策がキーポイントになってきます。

早めのAGA治療が良い理由は毛母細胞が活発に活動している可能性が高いからです。AGAをしばらく放置していると毛母細胞が死滅してしまうと言われていますが、根本的な細胞が駄目になっている状態でAGA治療をしてもあまり効果が出ない可能性があります。特に薄毛やハゲになってから何年も経過しているような場合は改善できる確率が低くなってしまうのです。その反面、薄毛になったばかりの状態ですと、まだそれほど毛母細胞が弱っていない可能性がある為、AGA治療で細胞の活動をサポートすることで改善できる可能性が大いにあります。特に20代や30代といった若い世代の場合ですと細胞も元気ですので薄毛やハゲを元通りの状態まで克服できるかもしれないのです。

症状が軽い内に対策を始めた方がストレスが小さくて済むのも早期治療が推奨される一つの理由と言えます。症状が重い状態になるとそれに伴いストレスも強くなることがありますが、ストレスは薄毛を促進する原因です。その為、強いストレスを受けている状態ですと薄毛が進行し易くなりますし、AGA治療の効果を低くすることにもなり兼ねません。薄毛が気になり始めた段階から対策をした方が治療効果が高くなりますので、そういった意味でも早期のアクションが大事になってきます。

治療は早めに開始するのが得策なのは違いありませんが、しかしすでに症状が重くなっている時でも治療を受けてみる価値はあります。薄毛やハゲが目立っている中高年の場合でも治療をしたことである程度は改善できたケースもあるのです。ですから治療はいつになっても行う価値がありますし、完全なる克服までとはいかないものの、ある程度心の負担が小さくなる位には改善できるかもしれません。

AGAは遺伝、生活習慣、ストレス、男性ホルモンの増加によって起こります。




女性でもなりますが、AGAは男性型脱毛症の事を指し、治療法も女性とは異なっています。

AGAは若い方に多く見られるのが特徴の一つで、ヘアサイクルが乱れることにより、髪の毛が十分育たないうちに抜けてしまい薄毛となってしまいます。生え際や頭頂部に多く見られ、進行していきます。少しずつ進行していくため、気が付いたときには随分と薄くなっていることが多いです。

AGAの治療として有効とされているのが、薬の内服です。AGAに使用される薬はミノキシジルとプロペシアがありますが、どちらもAGAの治療を目的として開発された薬ではありません。ミノキシジルは高血圧の、プロペシアは前立腺肥大治療のために使われており、その副作用として発毛がありました。そういった副作用をうまく活用し、AGAにも使用されるようになりました。

ミノキシジルは、テレビでも宣伝されることが多いもので内服薬と外用薬があります。外用薬は薬局でも買うことができるため、注目されている成分です。効果としては血管を広げる働きがあるため、毛根まで栄養を運ぶことができ結果発毛を促すことができます。副作用としては頭皮のかゆみやかぶれ、じんましん、局所発熱、多毛症などがあります。また、ミノキシジルは高血圧の治療を受けている人や心臓に疾患がある人、未成年には使用ができないことがあります。

プロペシアは男性ホルモンを抑制する働きがあります。そのため、乱れたヘアサイクルをもとに戻し、脱毛を食い止めます。AGAの初期治療として使用されることが多く、内服薬タイプになります。男性ホルモンをおさえるので副作用は勃起不全や性欲減退など生殖機能に関して出てくることがあります。女性や子供には使用が禁止されており、妊娠している時にプロペシアに触ってしまうと生殖機能に奇形を持った子供が生まれる危険性があります。

2つの薬は副作用が出る確率が低く、安心して使用できる薬です。ですが、使用する時は専門のクリニックと十分に相談すると安心です。

抜け毛を予防するには?




抜け毛を予防する為にはシャンプーから吟味することが大切とされていますが、シャンプー自体にも沢山の種類がありますので育毛の為にも適切な物を選ぶようにしなければいけません。正しく選ぶ為のポイントとしてまず大切なのが自身の頭皮の状態に合っている物を選ぶことです。

抜け毛が増えている時には頭皮環境が悪くなっている可能性がありますが、人によっては脂性気味だったり乾燥気味だったりします。そしてシャンプーも頭皮状態に合わせて選ぶことが大事ですから、例えば脂性気味なら脱脂力が高めの物を選んだり、乾燥気味なら保湿効果がある物を選ぶようにした方が安心と言えるでしょう。

配合成分に着目して選ぶのもポイントですが、シャンプーは大きく3つに分類することができます。それは高級アルコール系シャンプーとアミノ酸系シャンプー、石鹸シャンプーですが、それぞれによって頭皮への影響が違ってきますので、特徴を踏まえて選ぶようにした方が良いと言えます。

始めに高級アルコール系シャンプーの特徴として洗浄力の高さが挙げられます。汚れや皮脂を落とす力が強いシャンプーですので、脂性気味だったりフケなどによる痒みが気になる時に適しているタイプです。ただ、高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強過ぎたり、余計な成分を配合している物もありますので、頭皮が弱かったりするとあまり合わないことがあります。

アミノ酸系シャンプーはアミノ酸成分が主要な物となっていますので、優しく洗うことができるのが特徴です。その為、頭皮が弱い方でも使用し易いですし、マイルドに洗うことができます。洗浄力は弱めとなっていますので、2度洗いをしないと汚れが落ち難いこともあります。

石鹸シャンプーは余計な成分を配合していないのが特徴です。その為、頭皮を本来の状態に戻すことができると言われていますし、無添加のシャンプーを好む方に適しています。しかし石鹸ならではのごわ付きを感じてしまいますので、使い心地で好き嫌いが分かれることが多いです。

ジヒドロテストステロン(DHT)の話


薄毛治療の中でもAGAの治療と言うのは、現在の薄毛の症状を把握すると同時に、生活習慣や食生活の改善などを行う必要が在る為、 プロペシアやミノキシジルと言った医薬品を使って薄毛治療を行うだけではなく、症状の把握、生活習慣及び食生活の見直しを図ることが重要と言われています。

また、プロペシアはAGAの薄毛治療の特効薬として知られていますが、男性機能を低下させると言った副作用が起きるリスクが在り、 プロペシアの服用においては血液検査を行い、薬の作用の診断や副作用のリスクの診断などが必要であり、専門医のいる病院での薄毛治療を受ける事が大切だと言われています。

尚、薄毛の症状には色々な原因が在り、AGAの場合は遺伝子による影響で薄毛が起きると言った特徴を持ちます。 AGAの症状を持つ人と言うのは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれている酵素が結びつくと、 ジヒドロテストステロン(DHT)と言う強制脱毛ホルモンに変換され、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱す事で薄毛の症状を引き起こすことになります。

プロペシアは5α-還元酵素でもある5αリダクターゼを阻害する作用を持つ医薬品で、テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことを防止する事で、 ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されずに済む事からも、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制させて、ヘアサイクルを正常な状態にしてくれます。

因みに、ジヒドロテストステロン(DHT)が存在する事で、通常5?7年と言われている髪の毛の成長期を僅か3ヶ月という期間に短縮させてしまう作用が在ると言います。

髪の毛は、生えて来てから少しずつ伸びながら太く成長をしていく性質を持ちますが、ジヒドロテストステロン(DHT)が存在する事で成長期の期間を短くさせてしまい、 毛周期のサイクルでもある休止期に早期の段階で移行させ、その結果毛は抜け落ちてしまうと言うメカニズムが在ります。

そのため、プロペシアをAGAの薄毛治療に使う事で毛周期を正しくし、発毛の効果を期待する事が出来るようになります。

更新履歴

2016/5/12 トップページ

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報