薄毛関連お役立ち情報

薄毛と冷え性・肩こり・首こりとの関連性


若い世代でも薄毛で悩む方も増えています。年配者の場合、薄毛の原因は老化などが考えられますが、若い世代で髪の毛の量が少なくなってしまう原因には、生活習慣が乱れている、また食事の栄養バランスがしっかりとしていない、運動不足などさまざまなものがあります。


これらは抜け毛増加の原因になりますが、首こりや肩こり、冷え性などの場合には、抜け毛や薄毛に関係があるのかどうかについては、首こりや肩こり、冷え性の原因について考える必要があります。


首こりや肩こりは、同じ姿勢を長時間続けていたり、重い荷物などを持ったりした場合など筋肉の使いすぎなどによりこりの症状がでます。筋肉がかたくなってしまうと血液の流れも悪くなります。その状態が悪化してしまうと、頭痛などの症状が出てしまう場合もあります。


また、冷え性なども、血液の流れが悪いため、比較的暖かい時期などでも手足が冷たくなったりする場合があります。
どちらにも共通していえることは、血行不良です。


これが、薄毛とどのような関係があるかというと、頭皮に栄養を運ぶ役割を血液が担っているため、血液の流れが悪いことで、頭皮に栄養が行き渡らない可能性がでてきます。そのため、髪の毛に必要な栄養が足りず、抜け毛増加の原因になる場合があります。そのため、首こりや肩こり、冷え性の場合には、薄毛の原因となる血行不良の可能性が高く、薄毛を予防するためには、血行不良を改善することが大切だといえるでしょう。


血行不良を改善するためには、適度に体を動かすことが大切です。運動をすることで、体の代謝機能を高めることにもなるので、血液の循環もよくなります。また、脂肪なども燃焼させることができるので、ダイエット効果にも期待が持てるでしょう。


また、食事でも脂分などを多く含む食べ物はできるだけ控え、バランスのよい食生活を心がけることも、血液の流れをよくするため、また、髪の毛の栄養を補うためには大切なことです。


関連記事

紫外線と薄毛には何か関係性があるの?
1日の抜け毛の本数は何本?季節によっても変わる?
筋トレ・プロテインと薄毛には関連性がある?



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報