薄毛関連お役立ち情報

紫外線と薄毛には何か関係性があるの?


紫外線と薄毛の関係は昔から賛否両論あります。例えば、紫外線は髪に良くはないが、紫外線を避けようとして帽子をかぶるとハゲになるから、それはやめたほうがよい等々といったものです。


本当のところどうなのか、まず結論から書きましょう。それは、薄毛の原因になりますから、紫外線は避けるようにしましょう、ということです。


一番の大きな理由は、紫外線が毛母細胞に与える影響です。紫外線には、細胞のDNAを傷つける作用があります。毛母細胞も細胞ですから、紫外線によってDNAが傷つく可能性があります。そうすると細胞分裂が正常に行われなくなったり、また正常に髪を生み出す働きも弱くなったりすることが考えられます。これは、いったん起きてしまったらなかなか元に戻すことは困難です。


この他に、紫外線が頭皮に与える影響も考えられます。紫外線により、頭皮が日焼けしダメージを受けると、当然ながら体はその修復にエネルギーや栄養を費やさねばなりません。その分、髪によい影響がないであろうことは容易に想像がつきます。


対処方法としては、やはり単純ですが帽子が一番です。もちろん日傘でも構いませんが、ちょっと男性には勧められませんね。ただし、帽子が髪に良くないこともまた、全く根拠がないわけではありません。というのも、帽子をかぶると頭皮が蒸れやすいからです。この蒸れは例えば頭皮の垢やフケの原因となったり、細菌を繁殖させたりすることで頭皮にダメージを与えることは十分考えられます。


では一体どうすればよいのか、ですが、答えは簡単です。蒸れは対処できるからです。蒸れにくい帽子をかぶればよいのです。麦わら帽子などはその一つです。あるいは、ときどき帽子を外して風を通してやることも良いですし、帰宅後にきちんと髪を洗うことも対策です。一方で、帽子以外で紫外線に対処することは、そもそも外出を控えるなどといったことを別にすれば、なかなか困難です。


ですから、蒸れに気をつけたうえで、適切に帽子をかぶることが、紫外線の強い時期に外出する場合の対処方法であると言えます。


関連記事

薄毛と冷え性・肩こり・首こりとの関連性
1日の抜け毛の本数は何本?季節によっても変わる?
筋トレ・プロテインと薄毛には関連性がある?



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報