薄毛関連お役立ち情報

薄毛とタバコ・お酒の関係について


お酒・タバコは頭皮に影響を与えます。お酒に関しては適量ならまったく問題ありません。むしろ血行を促進し、抜け毛を防いでくれる働きが期待できます。


抜け毛が減少すれば、自然とヘアサイクルも正常になって毛量が復活します。旅館の食事では、食前酒が出てくることが多いでしょう。本来のお酒とは健康維持のために飲まれていたのです。


薬用酒には医薬品も多く、肩こり・冷え性などを治すために活用されています。お酒が百薬の長と言われる理由は、薬効成分を速やかに浸透させてくれるからです。同じ成分をサプリとお酒で摂取する場合は、後者のほうが吸収性は何倍も高いのです。


それゆえ、漢方素材を使用した薬種が多いわけです。漢方の成分を速やかに浸透させるためにはお酒の力が役立ちます。また、お酒に漬け込むことで成分がより抽出されるメリットもあります。


薄毛・抜け毛対策としてもお酒は役立ちますが、飲み過ぎると弊害しかないので注意しましょう。ベロベロになるまで飲むのは健康を害するだけです。アルコール依存症レベルになってしまうと、ヘビースモーカー以上に健康を害してしまいます。


少量で比較した場合は、飲酒よりも喫煙のほうがダメージは大きいです。


タバコには無数の有害物質が含まれており、たとえ少量でもまったくメリットはありません。ニコチンは毛細血管を収縮させて、抜け毛を促進することが知られています。育毛サロンの頭皮診断では、タバコをやめるように指摘されることがあります。タバコが血管を収縮させて、抜け毛を促進してしまうのです。


抜け毛・薄毛対策としては、少量のお酒は問題ありません。しかし、大量の飲酒、喫煙に関しては避けるべきです。喫煙をすると気持ちが落ち着くと感じる方も多いでしょうが、錯覚的な問題なのでカラダにはまったくメリットがありません。ニコチン水にミミズを入れると、収縮して死んでしまいます。人間のカラダの中でも、これと同じような現象が起きているのです。


関連記事

筋トレ・プロテインと薄毛には関連性がある?
薄毛の原因の1つ「栄養不足」ダイエット時には特に注意!
薄毛の代表的な症状:生え際の後退



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報