薄毛関連お役立ち情報

薄毛の代表的な症状:生え際の後退


薄毛の代表的な症状の1つとして、生え際が後退していくものがあります。生え際から薄くなっていく症状が出ているときには、AGAと呼ばれる男性型脱毛症であることが考えられます。AGAによる薄毛が進行してきているときには、生え際対策として国が高い評価を与えているものが植毛手術とAGA治療薬の服用となります。


生え際が薄くなる特徴が現れているAGAを発症しているときには、後頭部や側頭部には髪の毛が残っているケースが多くなることから、残されている自毛を採取して薄くなっている部分に移植する自毛植毛という治療法があります。植毛というと人工毛が使用される治療法もありますが、頭皮にとっては異物が混入してくることによって、アレルギーを引き起こしてしまう問題がありました。


ただし、自分自身の髪の毛を使用する自毛植毛であれば、アレルギーの心配をすることなく、生え際対策を行うことが可能です。自毛植毛の手術を専門的に行っているクリニックも存在していることから、自分に適した手術方法を選択して治療を受けることができます。基本的に薄毛に関する治療は、自由診療になることから、事前にどの程度の費用がかかるのかカウンセリングを受けてしっかりと確認しておくことが大切です。


厚生労働省の認可を受けている生え際対策として、有効性が高いと考えられているものがAGA治療薬を服用する方法です。認可されているAGA治療薬としては、プロペシアとミノキシジルがあり、専門的な治療を行っているクリニックを受診することで処方してもらうことができます。


AGAは男性ホルモンの影響によって薄毛が進行することが解明されていますので、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの生成を抑制させることで、薄毛の進行を改善できます。プロペシアに含まれている成分であるフィナステリドには、DHTの生成を阻害できる作用があることから、プロペシアを継続的に服用することが生え際対策となります。


関連記事

1日の抜け毛の本数は何本?季節によっても変わる?
自毛植毛・人工毛植毛・増毛について
毛周期(ヘアサイクル)とAGA治療について



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報