薄毛関連お役立ち情報

薄毛予防に役立つとされる食材・サプリの成分


薄毛を予防する食事としてお勧めのものは、亜鉛が含まれた食材です。亜鉛はタンパク質を生成する時に役立つ栄養素です。髪はタンパク質から作られるので、亜鉛を十分に摂取しないと髪が生えずに、薄毛になってしまう恐れがあります。


亜鉛が多く含まれた食材はいくつかあります。亜鉛の量が多いのは牡蠣ですが、牡蠣を毎日食べることは簡単ではありません。旬の時だけにして、それ以外の時は別の食材で補うようにしましょう。一番のお勧めは、納豆です。伝統的な日本食である納豆の中にも亜鉛が含まれています。含まれている量はやや少ないのですが、他の健康効果も期待できるので、一日に最低でも2パック食べるようにしましょう。


ビタミンEが含まれている食べ物も薄毛の予防に役立ちます。ビタミンEにはいくつかの効用があるのですが、特に血行を良くする働きが有効です。薄毛になる人は頭皮の血行が悪くなっていることが多いです。頭皮の血行が悪いと、毛根に髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなるので、薄毛になってしまうことがあります。


ビタミンEが多く含まれている食材の数は多いです。野菜で言えば、ほうれん草やカボチャ、豆腐にも多く含まれています。ただ、ビタミンEは食べ物から摂取できる量は少ないのが難しいところです。血行を良くするには最低でも8ミリグラムは必要だと言われています。この量は豆腐で5丁程度であり、豆腐を1日に5丁も食べるのは容易なことではありません。ビタミンEの場合は、食べ物でできるだけ取るようにして、不足分はサプリメントを使うようにしましょう。


幸いなことにビタミンEが含まれたサプリメントはいろいろな種類が発売されています。ビタミンEと亜鉛のサプリメントを同時に取るようにすれば、さらに効果的になります。ただし、サプリメントは適量を守ることが大切です。特に亜鉛は取りすぎると、副作用が出ることがあるので注意しましょう。亜鉛のサプリは食べ物を補う時に使うようにしてください。



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報