薄毛関連お役立ち情報

薄毛と肝臓には関係性があるのか?


薄毛と肝臓には関係があります。薄毛と内臓が関係していることは分かっていても、肝臓との関係性について意識している方ばかりではありません。髪を作るためには、内臓が適切に機能していることが必要です。そうでないと髪を作ることができません。また、弱っているようなときでも、生命維持と直接関係のない髪から影響が出てきます。健康であることも大切です。


肝臓にはタンパク質を合成したり、栄養を貯蔵したり、有害な物質を解毒したり分解したりする役割があります。消化吸収された栄養は、肝臓で様々に加工され、必要な場所で使われます。そのため、髪にも影響があります。肝臓の機能が低下したり、他の処理で忙しくなってしまうと、髪を作るためのタンパク質を加工することが十分にできなくなります。栄養が足りないと髪を作る作業が出来なくなりますので、髪は十分に育つことができず、細く抜けやすいものになってしまいます。


肝臓には解毒や排出といった重要な役割があります。そのため、アルコールの摂取量が多かったりすると、アルコールの分解が活発に行われ、他の作業が滞ってしまいます。アルコールの飲み過ぎが髪にとってよくないのは、そのような理由もあります。アルコールの処理によって肝臓が疲れてしまうと、思うように他の作業が進みません。


アルコールだけではなく、油ものが多かったり、野菜が足りなかったり、抗生物質を含む薬を飲むことが多かったりなどのことがあると、肝臓を疲れさせ、弱くしてしまいます。


肝臓は私たちの身体にとって、とても大切な臓器です。その臓器が弱っていけば、当然、髪にも影響が出てきます。薄毛を防ぐためにも、健康を守るためにも、肝臓を元気に保つことはとても大切です。肝臓を弱らせるのはアルコールだけではありません。食品添加物やサプリメントなどの過剰摂取、古い油、ストレス、炎天下での直射日光など注意すべきものはたくさんあります。


薄毛が気になるのなら、肝臓を守るような健康的な生活を心がけましょう。



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報