薄毛関連お役立ち情報

薄毛予防のために頭皮の皮脂は必要ない?


頭皮に皮脂が多い場合は薄毛になり易いとよく言われています。それゆえに皮脂をしっかりと落とすことができるシャンプーなどがよく宣伝されていることがありますが、皮脂の量による薄毛リスクのアップについては一方で正しく、その一方で誤りがあるのが本当のところです。


皮脂が多い場合に薄毛になり易いとされる理由ですが、それは毛穴を埋めてしまう可能性があるからです。過剰に分泌されている皮脂が酸化することによって粘り気のある状態になり、そして雑菌なども取り込んで毛穴に蓋をしてしまうと髪にとって良くないありません。その為に皮脂はしっかりと除去することが大切と言われているのですが、しかしながら必ずしも皮脂は悪者になってしまうわけでもないのです。


過剰に分泌されている皮脂は上記のように毛穴を塞いでしまう原因になることもありますので予防することが大切なものの、しかし皮脂には頭皮を守るという大事な役割もあります。


普段生活をしている時には紫外線を浴びたり、整髪料やドライヤーなどによって頭皮に刺激が与えられてしまうことがありますが、そういったダメージから皮脂は頭皮を保護してくれているのです。要は天然のバリアとして活躍しており、それを奪ってしまうことは頭皮を弱くすることを意味します。薄毛になり易くなる恐れもありますので、適度に皮脂を残すようなケアが大切と言えるでしょう。


必要な皮脂を残しながらケアをする為のポイントとしては、シャンプーの際に洗い過ぎないようにすることが大切です。根こそぎ皮脂を奪うかの如く洗ってしまうのは頭皮に良くない為、あまり脱脂力の強いシャンプーは使用しない方が良いと言えます。


また、しつこく洗うようなことをすると皮脂が落ち過ぎてしまいますので、時間を掛けて長くシャンプーをするようなことも良くありません。他にも朝晩の2度洗いも洗い過ぎになっていると言えますので、朝のシャンプーは控えるといった心掛けも薄毛にならない為の基本です。



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報