薄毛関連お役立ち情報

妊娠や出産の前後は女性は薄毛になることがある?


男性の頭髪が薄くなる症状が広く認知されると共に、女性でも同じように様々な要因によって薄毛が発生するということが分かってきました。ヘアカラーやパーマといったことを繰り返していると頭皮が荒れて、毛髪が抜けやすい環境になるというのは昔から良く言われていたことですが、最近では妊娠や出産の時期に抜け毛が増えるという症状も起こります。


これは分娩後脱毛症と呼ばれるもので、妊娠や出産を迎える時期は体内の女性ホルモンが大きく変化しやすいため、影響を受けた毛髪が抜けやすくなります。


女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を成長させたり、抜け毛を抑える働きを持っています。そのため、年齢を重ねても女性の毛髪が抜け落ちることが少なく、抜けてもまとまった箇所でおちることはせずに頭髪全体が少しずつ抜けるような状態になります。


本来であれば、エストロゲンによって抜け毛が抑えられるのですが、妊娠中に女性ホルモンの分泌量が胎児を成長させるために増加することで抜け毛がほとんど起こらなくなります。しかし、出産すると通常時まで一気に戻るので、この変化に体が付いていけず、これまで抑えられていた抜け毛が女性ホルモンの減少と共に始まります。すると一気に抜けていくことになるので、頭髪全体が薄くなります。


出産後の始めの1ヶ月は母体の回復や育児などに追われ、睡眠不足やストレスといったものも加わるため、抜け毛が加速する傾向にあります。元々は自然に抜けるはずだった毛髪が、一定の時期でまとめて抜けているだけなので問題はなく、通常通りの生活を続けていればすぐに戻っていくのですが、出産後に食欲が無くなったりして栄養不足に陥ったり、ストレスが発散できずに精神的苦痛を味わうことが長くなると、後を引いて薄毛が治らなくなることもあります。


頭皮をマッサージしたり、女性ホルモンを増加させる食事にするなど生活習慣を見直すことも大切ですが、早く改善させたい場合は専門のクリニックで受診して最適なAGA治療を受けることが必要になります。



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報