薄毛関連お役立ち情報

AGAにはジヒドロテストステロンが関係してる?


最近では薄毛に悩む男性が増えてきたことから、AGAと呼ばれる言葉が頻繁にネット上で飛び交うようになっていますが、AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語に訳すると男性型脱毛症と呼ばれます。成人男性に多く見られる症状で、頭髪の一部が薄くなることで年齢以上に老けて見えたり、地肌が晒されるので精神的な苦痛を受けるようになります。


主な症状は頭頂部の中央から外側に向かって抜け毛が広がり薄くなっていくか、前頭部の生え際が後退していくものです。頭頂部と前頭部が同時に進行することもあり、一度でも発症すると自然に治ることはなく、薄毛治療を行わなければ頭髪が無くなるまで脱毛は続きます。


AGAの原因は、昔から両親がハゲていれば子どももハゲると言われていたように、遺伝による影響が強いのですが、最も重要な点として薄毛が起こる頭部にはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが高濃度で見られるという特徴があります。


ジヒドロテストステロンは通常であればそれほど発生することはありませんが、男性のおよそ9割を占めると言われるテストステロンが、毛乳頭細胞に存在する5α還元酵素と結びつくことで還元されて発生します。


毛乳頭細胞で発生した男性ホルモンが毛母細胞に移行すると、そこにある男性ホルモン受容体と結合し毛髪の成長因子を抑えてしまうことで、髪の毛を正常に成長させるはずのヘアサイクルを狂わせるようになります。狂ってしまったヘアサイクルは毛髪が成長するための期間を短縮させ、本来なら長く濃い毛髪となるものが細く薄い毛髪になり、少し引っ張っただけで抜けやすくなります。


また、新しい髪の毛が生まれるための期間が非常に長くなってしまうことから、毛髪は抜け落ちても新しい毛は生えてこなくなります。これが頭頂部や前頭部のみに起こることで、抜け毛が加速して地肌が見えてくるAGAの根本的な問題となっています。



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報