薄毛関連お役立ち情報

毛周期(ヘアサイクル)とAGA治療について


人間の髪の毛は一定の周期で生え変わっており、このサイクルのことをヘアサイクルもしくは毛周期と呼びます。AGA治療では、このヘアサイクルが重要になります。


ヘアサイクルには、髪が成長する成長期、髪の成長が減速する退行期、髪が抜けるのを待つ休止期の3つの段階に分かれています。成長期は、2年から6年程度と個人差がありますが、この時期は毛母細胞が分裂を繰り返しているため、髪が太く長く育っています。


毛髪全体の約9割が成長期です。成長期の次が退行期です。この期間は2周間程度ですが、急激に毛母細胞の分裂が少なくなり、色素細胞の活動も弱まる時期です。


この期間に入ると一気に髪の成長が鈍るようになります。最後に休止期が来ます。休止期は完全に細胞分裂が止まるため、髪の毛は伸びなくなり新しい毛を生やすための準備が行われています。休止期が終わるとまた成長期へとサイクルします。


ヘアサイクルは、それぞれの毛ごとに違うため、一気に抜けることはないとされています。しかし、人によっては、抜け毛に季節性がある場合があり、夏や秋に抜け毛が増えやすい人もいます。AGAの人は、ジヒドロテストステロンの影響により成長期が通常よりも短くなります。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種で、成人後しばらくすると増えるとされています。ジヒドロテストステロンの生成には、5αリダクターゼが大きく関与しているため、ジヒドロテストステロンを抑制するためには、5αリダクターゼをコントロールする必要があります。


このジヒドロテストステロンの影響により通常2年から6年程度の成長期が数ヶ月から1年程度と短期間になるため、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまい頭髪が薄くなります。人間の細胞の再生回数は40回から50回と言われており、サイクルが乱れてしまうと早い段階で毛母細胞が死滅してしまう可能性もあるため、AGA治療は早めに行う必要があります。


関連記事

薄毛の原因の1つ「栄養不足」ダイエット時には特に注意!
薄毛の代表的な症状:生え際の後退
自毛植毛・人工毛植毛・増毛について



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報