薄毛治療を徹底解説

AGA遺伝子検査は受けるべきなのか?


男性型脱毛症、いわゆるAGAというのは、頭頂部や生え際などの部分から薄毛になりやすく、成人男性に比較的多くみられるという症状ですが、その発現には男性ホルモンが大きくかかわっていることがわかっています。そこで、男性ホルモンに対する感受性などを遺伝子レベルから調査することによって、そもそもAGAになりやすい体質であるのか、AGAになった場合に特定の医薬品の効き目が期待できるか、などといったことを明らかにすることができます。


そのための検査がAGA遺伝子検査であり、発毛外来などを設けている病院やクリニックで検査を受けることができるのはもちろんのこと、最近では自宅で採取したサンプルを検査機関に郵送して結果を教えてもらうというスタイルの簡易な検査キットなども普及しています。


このようなAGA遺伝子検査の特性から、まだ薄毛や抜け毛の症状があらわれていない段階であっても、将来的にAGAになる可能性を確認して、早期に対策を講じることができるようになります。同じ家系に薄毛の人が多く不安であるといった場合には、いったんこうした検査を受けてみるのもよいといえます。


また、すでに薄毛や抜け毛に悩んでいるという場合であっても、AGA遺伝子検査はやはり有効なものです。薄毛や抜け毛の症状は、男性ホルモンが主な原因となるAGAではなく、他の異なる病気によるものである可能性も捨て切れませんので、検査によってAGAであることを確定できるわけです。さらに、病院、クリニックでAGA治療をはじめるにあたっても、検査によってあらかじめ医薬品の効き目があるかどうかがわかっていれば、治療方針の選択に迷うことがなくなります。


このようなAGA遺伝子検査は、毛髪または口内粘膜の細胞を採取し、これをサンプルとして行うもので、検査そのものはすぐに終了しますが、結果がわかるまでには、だいたい数週間から1か月程度かかるとされています。検査にもいくつかの項目がありますので、より多くの項目を選択しておいたほうが、予防や治療の上での役に立ちます。


関連記事

プロペシアにはジェネリックもあるの?
AGA治療薬プロペシア・ミノキシジルについて
進行してしまったAGAには自毛植毛という選択肢も



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報