薄毛治療を徹底解説

AGA治療薬プロペシア・ミノキシジルについて


頭頂部や生え際が後退していく種類の薄毛のときには、男性ホルモンによって発症するAGAが多いと言われています。日本では国によってAGA治療薬としての認可を受けているものに、プロペシアとミノキシジルというものがあります。AGAの最も大きな原因としては、男性ホルモンの1種であるテストステロンに5αリダクターゼが結合することで発生する、DHTによる影響があると考えられています。


DHTによってホルモンバランスが崩されることで、AGAが進行していくことになりますが、AGA治療薬であるプロペシアには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があることから、薄毛の原因となるDHTが増えることを防ぐことができます。プロペシアを服用し続けることによって、DHTの生成を抑制することにつなげることが可能となり、短くなっていたヘアサイクルを通常のものに戻す効果が得られます。ヘアサイクルが通常どおりに長くなることで、髪の毛が抜けにくくなって、太く育つことが可能になるので、薄毛を改善する効果があると言えます。


プロペシアの副作用としては、性欲の減退や勃起不全などの症状が現れることがあります。男性ホルモンに関係する薄毛にのみ改善の効果がありますので、女性が服用することは認められていません。妊婦や未成年者が服用することで、生殖器に異常が現れる可能性があることも指摘されています。


AGA治療薬としてはミノキシジルについても、医療機関を受診することで処方を受けることが可能ですし、育毛剤として市販もされています。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があることから、頭皮に直接的に塗布することで、血管を広げて発毛環境を良くするための栄養素を届けやすくなる効果があります。


ミノキシジルは安全性が高いと考えられていますが、利用してはいけない人の条件も付けられており、心臓病や高血圧症の症状を持っている人は使用できません。副作用を発症する確率は9%ほどと言われており、主な症状としては頭皮のかゆみや皮膚トラブルが生じる可能性があります。


関連記事

AGA遺伝子検査は受けるべきなのか?
AGA治療の効果が目に見えて分かるまでの期間は?
進行してしまったAGAには自毛植毛という選択肢も



>>『札幌の薄毛治療・AGA治療ガイド』TOPへ戻る

札幌のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療を徹底解説

 

薄毛関連お役立ち情報